fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

暖かい日差しの中に、幾分か、そよ風の心地よい季節となりました。そよ風の扇風機が本当に実在するなら、素敵ですよね。

さて先週の土曜日、いつもBESを指導していただいている早坂先生に、トランペットパート単独で、ご指導いただきました。

1番初めに、教会旋法という16世紀以前の中世ヨーロッパで用いられた旋法について、解説していただきました。現在における長調・短調の概念のない、16世紀以前の西洋音楽に使われる音階で、大変興味深いお話でした。グレゴリオ聖歌の神秘的な響きをもつ仕組みについて知ることで、もっと教会旋法について勉強してみたいと感じました。

その後のレッスンは、金管奏者にとって聖書のような存在である、アーバン金管教本を使用して、ご指導頂きました。

20180920061354e6f.jpeg


・リップスラー
・シンコペーション
・トリプルタンギング
・音階練習

を見ていただきました。



特にシンコペーションの練習では、本来は4分割で感じなければいけない付点8分音符+16分音符が、気づかないうちに3連符で感じてしまったり、その次の音の四分音符が本来の長さより短くなってしまったり、陥りやすい罠がたくさん潜んでいます。
今後はメトロノームなどを使い、厳格に練習していきたいです。

また、レッスンの中で、楽譜に記載されている音を何度も声に出して歌いました。はっきりと歌い、自分の音を聞くことが何よりも重要であることを教わりました。

写真撮影、及びレッスン進行の記録をBESの代表である由良さんがしてくださったので、この経験を生かし、日々精進していきたいと思います。今後のパート練習においても、お互いに切磋琢磨し、レベルも意識も高め合うことができる、そんな気がしてきました。

12月15日の定期演奏会まで、このレッスン日を境にあと3ヶ月を切りました。
気を引き締めて、お客様に最高の演奏を披露出来るよう、がんばって参ります。


Tp稲田
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply