fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

46868834_2018-05-05_05-49-48_IMG_7130.jpg

テューバ由良です。

第2回教会コンサートの演奏動画紹介、4曲目になりました。
本日は、ハワード・ケイブル編曲『ウィリアム・ボイス組曲』をお楽しみください。

ウィリアム・ボイスは、18世紀に活躍した、イギリスの作曲家、オルガン奏者。
主な作品に、8つの交響曲、12のトリオ・ソナタや、
シェイクスピアの戯曲を元にした「テンペスト」「ロミオとジュリエット」の為の音楽などがあります。
しかしボイスは死後忘れられた存在となり、今日において彼の作品がコンサートで演奏されることは稀です。

そして時を経ることおよそ250年、カナダの作編曲家であるハワード・ケイブルにより、
アメリカを代表する金管五重奏団『カナディアンブラス』のために編曲されたのが、この作品。
ボイスの交響曲からそれぞれ抜粋し、金管5重奏用の5楽章からなる組曲として生まれ変わりました。

 第1楽章 アンダンテ&アレグロ(元:交響曲第7番1楽章)
 第2楽章 アダージョ(元:交響曲第1番2楽章)
 第3楽章 アレグロ(元:交響曲第4番3楽章)
 第4楽章 モデラート(元:交響曲第7番2楽章)
 第5楽章 アレグロ・アッサイ(元:交響曲第5番1楽章)

ピッコロトランペットやE♭管トランペットも使いながらの色彩感あふれる名アレンジで、
3年ほど前にBES定期のプログラム候補で検討しましたが技術的に難しいと判断し見送った経緯があります。
今回、満を持して(?)お届けしたこの演奏。
ミスや事故などありながらも練習の成果を発揮でき、メンバー一同笑顔で終えることができました。




ウィリアム・ボイス組曲 / ウィリアム・ボイス(編:ハワード・ケイブル)
William Boyce Suite / William Boyce(Arr:Howard Cable)
https://youtu.be/MMSaUA1jOts

Trumpet1 酒井啓充
Trumpet2 由良美彩季
Horn 宇野素子
Trombone 古市恵美
Tuba 由良哲一郎

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply