fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー


トロンボーンの古市です。
すっかり年の瀬となってしまいましたが、先日開かれた第10回定期演奏会を振り返り感じた事を書いて見たいと思います。

今回も例によって期間限定団員として出演させていただきました。
それなのに、私にとっては結構ハードルの高い曲ばかり…出来るのか?まぁ4ヶ月程は本番まで余裕があるからなんとかなるかな、とか思いながら練習参加。中々、自分の自由に練習参加出来ないながら今までの定期よりも少しは参加出来たかな。子供が成長し、少しの時間なら1人で留守番出来るようになった事や、主人の協力のお陰と思っています。

そしてやはり練習に参加し皆と合わせる大切さを痛感した演奏会でした。どの曲も結構、アブナイところが多々あったのですがそれまでの練習でメンバーを信用して音を出すことが出来た、この事がとても嬉しく、全員で音楽をつくっているんだ、と言う一体感のようなものがありました。
他のメンバーもきっと私と同じ事思ってる!と思いながら演奏する事は正直初めてでした。

そしてそして、1番思い入れの深くなった曲。エヴァルドの第1番。この曲は本来早坂先生と演奏する予定でとても楽しみにしていたのですが本番間近のアクシデントで急遽代奏の堀川先生とのアンサンブルになりました。練習は1週間前の1回のみ。次は本番、、と言う経験のない状況でしたが、今できる精一杯の演奏をする事が出来ました。それも1stトランペット以外のメンバーでガッチリ固めることが出来ていたからだと思います。毎週末、練習や!と、予定のない日でも練習日と思ってしまうと言う強迫症のようになりながら(笑)家でも出来る限り楽器ケースを開け、楽譜を眺め…夜中にブレスビルダーを吹くと言う毎日を頑張ったからかなぁ〜と少しは褒めても良いのかな、、と。
細かい事を言えば、ミスはありました。思いっきり!音を外したり音程とれてなかったり。
でも、自分達がこうやりたい!と言うものが伝えられた演奏じゃないかな、と思っています。

10回と言う区切りの演奏会に参加させていただいて、BESの皆様には本当に感謝しております。
だんだんと年齢が上がるにつれてやれていた事がやれない、やりにくくなってる、と言う現実ですがまだまだいろいろな曲をやりたい、上手くなりたい!と言う気持ちをさらに引き出してもらった、今までになかった気持ちで演奏出来た、素晴らしい贈り物をもらいました。

欲を出してもうワンランク上を目指したいなぁと思っています。
また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。

最後に、開演間際、受付で早坂先生が出演されないお詫びをお客様にさせていただきましたが、皆さん、残念ね〜、と言いながらも温かく、わかりました、と返してくださり本当にありがたかった事お伝えしておきます。



スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply