fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

ユーフォニアム担当の石田です。久々の映画鑑賞記です。

映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」公式サイト

前から観に行きたかった映画、「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」を観てきました。

news_header_astreetcatnamedbob_201706.jpg

たいへん満足しました!
ブルーレイディスク出たら、買おうかな!?

ネコ好きの方にはオススメだと思います。

ネタバレがあるので、感想は下の方に。




















ネコ大好きの私だが、基本的にネコが主役の映画はあんまり好きでなく、観に行くことも少ない。ネコが可愛いのは当たり前だし、その可愛らしさを映画の売りにするのは邪道だと思うから。あと、ネコに限らず動物ものの映画は、かわいそうに思わせたり、泣かせたりすることが多く、それも反則技だと思えるから見たくない。

しかしこの作品は観に行きたいと思った。この作品は実話を基にしている。あらすじは先日、テレビ番組で紹介していたので知っていた。それでも映画は観てみたかった。

主役の男性は役者さんが演じているが、ボブ役のネコは本人(?)が出演していると聞いたので非常に興味を惹かれたのだ。タレントネコじゃないのに、映画で役を演じられるのかな、と思ったり。

でも本物のボブくんは、大した役者だった。すごくおとなしいネコのようで、あんまり本来の猫らしさ、つまり野性味を感じないネコだった。去勢したオスネコだからだろうか。でも思いっきり可愛かった。そりゃ人気も出るわけだ。元野良ネコと言っていたが、元飼いネコだったんじゃないだろうか。

それにしても、主人公の男性はとんでもない福の神を得たものだ。ボブのおかげでストリートミュージシャンしてても、雑誌売りしてても大人気になり、黒山の人だかりができるほどお客が集まってくる。新聞に載り、最終的には出版社の目に留まり、本を出版したことで、大金持ちになることができたのだから(映画化されて、さらにリッチになれたのだろう)。

「招きネコ」って世界共通なのだなぁ。僕にもボブが欲しい!

ストーリー知ってたのに、そんなにドラマティックな展開があるわけでもないのに、なぜか映画を観終わったあと、ぼろぼろと涙が流れてしまった。この作品は、ネコを主役としていないのがいい。主役はあくまで元ドラッグ中毒の彼であり、彼の再生&成功ストーリーなのだ。非常に気持ちの良い、爽やかなエンディングだった。

90点としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply