fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

10月30日の城巽音楽フェスティバルも終了し、この日は次の演奏会に向け楽譜を持ち寄り大初見大会。年のせいにはしたくないが、初見がどんどん難しくなっている。つまり、テンポに乗れない、楽譜が読めない、すぐ落ちるなどの三重苦に襲われながらも、新しい曲をやる楽しみを味合わせてもらいました。さて、どんな曲にトライしたかというと、

パントマイム
過ぎにし春
「スペインの歌」よりコルドバ
戴冠式行進曲(マイアベーア)
リカルド・ノルドローク追悼の葬送行進曲
7本のリコーダーのためのソナタ(シュメルツァー)
3つのダンスの印象
ミュージック・ホール組曲
イントラーダ(八木澤教司)
ディープ・ハーモニー
金管五重奏曲第3番(エヴァルド)

ミュージックホールと過ぎにし春の楽譜
IMG_0177_convert_20161115215347.jpg


どれもいい曲揃いでしたが、心に残ったのはヘンデル・パーカーのディープ・ハーモニーでした。ちょっとですが、いい響きがしたこともあり、先日(といっても10月29日)に東京NHKホールで聞いたBlack Dyke Bandの演奏を思い出しました。特に、賛美歌のAbide with meの演奏です。フリューゲルホーンのソロで始まり、ブラスバンド特有のアルト、テナー、ユーフォニュームのハーモニーが加わると広いNHKホール(満員でした)の隅々まで音色が沁みていくような感じがし、さらにチューバが入っるとその透き通ったハーモニーに思わず涙がでそうになりました。ということでちょっとそのコンサートの様子を。

会場には長蛇の列
IMG_0033_convert_20161115215307.jpg

NHK音楽祭の垂れ幕
IMG_0035_convert_20161115215331.jpg

当日のプログラム
Black_Dyke_program_convert_20161115215224.jpg

11月30日にはNHK BSで放送されるということですので、ぜひすばらしい響きを聴いてみて欲しいと思います。私もBESで息のあったハーモニーを作れるように練習していきたいです。

Tp. 福森

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply