fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

中国ブラ歩き 今回で8回目となりました。
蘇州編2回目で世界遺産となっている中国庭園を紹介します。

蘇州には世界遺産に登録されている中国庭園が9つもありますがそのうち蘇州の四大園林といわれているのが、滄浪亭、獅子林、拙政園、留園で、この順番が古い順です。今回は一番古い(宋代:10-13世紀)滄浪亭(そうろうてい)を紹介します。

日本の庭園と中国庭園の違いというのは一言でいうのは難しいですが、私には中国庭園は広い、明るい、築山と池があって散策用の回廊が整備されていて、東屋や茶屋が所々にあり、さらにかくれんぼにつかえそうな変わった形の石があるなど、楽しんで回れるしかけがしてあるという印象です。哲学的な感じは希薄です。まあ論より証拠、見てみましょう。

滄浪亭は当初は現在の6倍の規模があったそうですが、近代になってから昔の姿を出来るだけ再現しようと復元されたもので、オリジナルの状態ではありません。でもそれなりに雰囲気があって楽しめます。

ここは周りに水路があり落ち着きます
IMG_4147_convert_20160402003506.jpg

IMG_4148_convert_20160402003524.jpg

さて、入口に到着しました。中に入ってみましょう。
IMG_4149_convert_20160402003537.jpg

池には錦鯉
IMG_4153_convert_20160402003654.jpg

回廊の漏窓(ろうそう) いろんな形の窓があります
IMG_4154_convert_20160402003710.jpg

ここはかくれんぼにつかえそう
IMG_4157_convert_20160402003738.jpg

変わった形の岩が配置されてます
IMG_4158_convert_20160402003800.jpg

看板があります、なんとかいてあるのでしょうか。謙虚で礼儀正しい中国人とありますので、たぶん、そうじゃない人がたくさんくるということでしょう。
IMG_4160_convert_20160402003813.jpg

IMG_4163_convert_20160402003904.jpg

竹林が美しい
IMG_4169_convert_20160402003940.jpg


楽しんでいただけましたか。次回は規模が大きく、中国四大庭園のひとつにも数えられている拙政園を紹介します。

Tp. 福森

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply