fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

最近、人の家の防音室に押し掛けて楽器を吹くことにハマっています。
(自分の家にもあるくせに)

いえ、正しくは、今度の演奏会の曲の練習が追いついていないので、広い防音室をお借りして数人でこっそり練習をしています。
(一緒に練習してくださっているみなさま、ありがとうございます)

3/3、3/5、3/15、3/22、3/29、4/10、4/12、4/13、4/19、4/21、4/25、4/28(予定)と数え上げてみると、ここ2ヶ月くらいで10回以上やっているみたいです。コソ練。
(いつも快く練習場所を提供していただいて感謝感謝です)

練習している曲は様々、一緒に練習している人も様々、自分が吹いている楽器も様々なんですが、どの楽器で何吹いててもすごく楽しい!!です。
合奏中に思うように吹けなくて、あーあ練習しなきゃ、とか仕事終わった後に楽器何本も背負って練習に行くのはやだなーとか、最初はいささか憂鬱だったりするんですが、いざ練習してみるとすごく面白いです。

何がそんなに面白いかって、少人数で合わせると、お互いがこう吹きたい、と思っている意思が通じやすくて、回数を重ねているうちに自然と合ってくるのです。
音程とかリズムとかももちろんなんですが、音色とか、息の使い方とか、細かいニュアンスが一致してきて大変気持ちよくなるんですね。
できなかったことができるようになってくるのは、とっても嬉しいものです。

特に苦労しているのが、ブランデンブルグ協奏曲第3番。
Tpパートは1stはピッコロで、2ndはEs管、3rdはB管。
楽器持ち替え、楽譜読み替え、音程とれないのにテンポは速いし指は回らない。
練習しなきゃいけないのに音が高くてすぐにハテてしまう。
最初はホントに悲惨で一人でため息ばかりついていました。
でも、いざ3人で練習をはじめてみると、目に見えてどんどん進歩していくのです。
1人じゃ吹けないところも3人いるとあら不思議。支えてもらってなぜか吹けてしまったりします。
ゼロからスタートなので進歩は当たり前と言えばそうなのですが、練習の成果が目に見えると俄然やる気になってきます。
まだまだ課題は多いですが、本番まで精一杯頑張りたいと思っています。

この超難題に取り組んでいて嬉しいことは、他の曲にいい影響が出るんですね。
3人でのパート練習に加え、2人だけでピッコロ(B管)とEs管で合わせる練習していたら、同じ2人でB管どうしで合わせるの、超簡単なんです。すばらしい。
A管ピッコロとB管のアンサンブルも、あるいはピッコロ同士であっても、これはいけるかなーと手応えを感じています。
コソ練のほとんどを一緒に吹いてたら、自然と合うようになるものです。
そんな感じで莫大な時間を練習にお付き合いいただいているTpの由良さんには特に感謝の気持ちでいっぱいです。

トランペット同士のアンサンブルも素敵ですが、フリューゲルホルン+トランペット、とか、フリューゲル+トロンボーン2本とか、これがまた面白い。
トランペットは金属的な固い響きが特長の楽器ですが、フリューゲルはとっても柔らかく、違ったサウンド作りができて新鮮です。
今までこんなにたくさんの種類の楽器を吹いて、少人数でじっくりアンサンブルを作っていく機会はあまりなかったので、こんなに楽しいとは知りませんでした。
広いホールでどんな響きになるのか、今からわくわくしています。
月曜日のホール練習、楽しみです。

長くなってしまいました。
本番まであと少し。
前向きな気持ちで楽しく真面目に取り組んでいきたいと思います!

Tp山本
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply