fc2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

こんにちは、ブラス・アンサンブル・サタデートランペット柴田です

『聖なるマリアよ、あわれな者たちを救いたまえ (Sancta Maria succurre miseris)』という同じ祈り(歌詞)の曲が複数あることについて書きます。

2023062305.jpg


以前の関連記事
ジョヴァンニ・ガブリエリ(Giovanni Gabrieli)とサンマルコ大寺院について>>>
聖なるマリアよ、あわれな者たちを救いたまえ (Sancta Maria succurre miseris)歌詞>>>


来る2023年9月9日の定期演奏会では、ジョヴァンニ・ガブリエリ(Giovanni Gabrieli)の『聖なるマリアよ、あわれな者たちを救いたまえ (Sancta Maria succurre miseris)』を演奏します。

そもそも、これは『祈り』(歌詞)で、フランスの司教シャルトルのフルベール(952–970)が書き残したもの。


いろんな作曲家によって曲がつけられたようです。

ジョヴァンニ・ガブリエリ(1554/1557~1612)もその一人だったということを知りました。

例えば、トマス・ルイス・デ・ビクトリアは、1572年に出版されたモテット集の中で、この祈りを4声のために作曲しました。

また、クラウディオ・モンテヴェルディは、1627年に出版されたセルバ・モラーレ・エ・スピリトゥアーレの中で、この祈りをソプラノとバスのために作曲しました。

さらに、ヴァンサン・ダンディは、1898年に出版されたオルガンと2声のための聖歌集の中で、この祈りを同音域の2声とオルガン(またはハーモニウム)のために作曲しました。


下記の動画は、『聖なるマリアよ、あわれな者たちを救いたまえ (Sancta Maria succurre miseris)』ですが、私たちが練習しているジョヴァンニ・ガブリエリではありません。

しかし、良く聞いてくださると、同じ歌詞です。


https://youtu.be/Jbgge89vMQ4


https://www.youtube.com/watch?v=BdzkTPh1kCs


https://youtu.be/p_qrBsSNRD4


https://youtu.be/y71mZzTMuDI

ジョヴァンニ・ガブリエリ作のものはコチラで紹介しています>>>


予約受付中

 Brass Ensemble Saturday
   第16回定期演奏会
~まだ見ぬ世界へ、旅の始まり~

BES16th flyer omote_20230502 (1)

【日時】
2023 年 日 (土) 
14:00 開演(入場無料・予約制)

【ゲスト】
早坂宏明(元 京都市交響楽団トランペット奏者)


詳細・ご予約はコチラ>>>



 






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金管七重奏のための音楽集 第4集
価格:1,600円(税込、送料別) (2023/6/25時点)





スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply